アライRX-7Xのシールドをスモークシールドに交換した!

バイク用品
バイク用品

愛用のヘルメット、アライRX-7X用のスモークシールドを購入しました。

今回はそのレビューと交換方法等の解説記事です。

標準のクリアシールドとスモークシールドの比較やスモークシールドに交換後のヘルメットの見た目やスモークシールドの見え方などについて記載しています。

RX-7Xをお使いでシールドの交換を検討中の方には参考になると思います。

もち
もち
YK Ridingをご覧いただきありがとうございます! TwitterYouTubeもやっています!
広告

スモークシールドを購入した理由

まず、スモークシールドを購入した理由について。

まぶしさを軽減できる

最大の理由はバイクで走行中に西日がまぶしくて困っていたということです。

これはライダーであれば結構分かってもらえると思いますが、まぶしいと前が見えにくいんですね。見えにくいということは危ないんですよ。障害物があったり何か飛び出してきた時の反応が遅れたりしますから。運転に支障をきたすということは良くないですね。なのでまぶしさを軽減するためにクリアシールド以外のシールドへの交換を検討していました。

外から顔が見えない

重要ではありませんがクリアシールドだとわりと外から顔が見えるんですね。別に顔が見えることは何も問題は無いんです。僕は自分の顔が嫌いではないので人から見られても不安に感じるとかそういったことはありません。でもヘルメットの下の顔が見えない方が謎のライダー感があってカッコいいかなと思ってました。素顔が見えない方がアイコンとして機能するような気がしたんですね。だからバイクに乗っているときは顔を隠そうと思ったわけです。

スモークだとカッコいい

あとは単純にスモークシールドの方がヘルメットの見た目がかっこいいからですね。クリアシールドは可もなく不可もなくという感じのいたって普通の印象なのです。ヘルメットもバイクの楽しみのひとつですから、置いてあるヘルメットを見てバイク感に浸ることもあります。そんな時、個性的なものの方が自分の世界に入り込めるので、できるだけヘルメットにもオリジナリティが欲しかったわけです。僕のヘルメットは普通の黒なので、スモークシールドにして真っ黒にすることで少しは普通じゃなくなるかなと思いました。

広告

純正のスモークシールドを選んだ理由

シールドの交換を考えた当初、社外品のミラーシールドにしようと思っていました。やはり見た目はミラーシールドが最もカッコいいと思いますので、せっかく変えるならミラーシールドに交換したいなと思っていたんですね。ただ、RX-7X用の純正のミラーシールドが販売されていないということで、ミラーシールドにするのであれば社外品もしくは純正シールドベースの加工品しかありませんでした。

しかしネットで情報を集めてみると、安い社外品のシールドはスムーズに開閉しない、製品の品質が悪いなどの情報が多くありました。また純正シールドをベースにしたミラーシールドはミラーコートがはげるとのことでかなり手入れに気を使うということと、純正のシールドより価格が高いという問題がありました。結果、RX-7X用のミラーシールドはいまいちパッとしない製品が多かったので(個人の感想)、純正品の中で選択することにしました。

純正シールドのバリエーションはクリア、セミスモーク、ライトスモーク、スモークとありましたが、外から顔が見えなくなるということと、まぶしさを軽減できるということ、見た目の良さを考えてスモークシールド購入することにしました。

広告

スモークシールドはこんな感じ

アライ純正のRX-7X用のスモークシールドです。RX-7X用のシールドはいくつか種類があるのですが、僕が購入したのはVAS-V MVシールドです。他のシールドとの違いはピンロックシートが取り付けられるかどうかですね。

型番は011058です。価格は4,500円+税。アマゾンで購入したので4,000円で購入できました。3D形状なのでこんな感じで届きました。

中身はシールド本体、説明書、潤滑シリコンが入っています。

シールドは単体で見るとかなり透明度が高いように感じますね。これでスモークなのかというほど色は薄いです。正直、間違えて購入したんじゃないかと心配になりました。

保護フィルムが貼ってありますのでペリペリと剥がします。キモチイイ。

フィルムを剥がすとよりクリアに見えます。ほんとにこれはスモークなのか…。

純正品なので特に不備は無く、製品としては何の問題もありません。当然バリもないし歪みも傷もないです。社外品はバリが残っていることがあるそうですね。この辺の品質の違いはさすが純正クオリティ。

広告

シールドの交換方法

シールドの交換方法については付属の説明書に詳しく記載されているので誰でも簡単に交換できます。一応ここでも紹介しておきますので参考にしてください。

まずはシールドを全開にした状態で左右のホルダーを外します。

ホルダーの外し方はレバーがあるのでそれを強く奥に押し込みます。するとホルダーが少し浮きますので持ち上げるとカパッと外れます。反対側も同じですね。

シールドがどのように固定されていて稼動するのかというと、ゴールドのピンがありますね。これが溝にハマることで固定されています。そしてシールドの開閉時にはピンが溝の中を稼働することで開閉ができています。なのでこのピンが外れればシールドも外れるということです。

ということで次にレバーを奥まで押し込みます。レバーを奥まで押し込むとピンが浮き上がって溝から外れるようになります。

この状態でシールドを下げていくとピンが上に上がっていき、赤い丸と重なります。そうするとシールドが外れるようになりますね。

あとはハマっているだけなので手で持って外します。

シールドの取り付けは外すときと逆手順で行います。シールドを取り付ける際レバーは手前に引き戻しておきます。

シールドは閉めた状態の位置で、ゴールドのピンが赤丸と重なるようにはめます。

その状態でシールドを上にあげていくとピンが溝にはまります。これで取付は完了です。最後にサイドカバーをはめたら終わり。

交換後はこのような見た目になります。黒いですね。いいですね。

交換前と交換後はこんな感じです。反射しすぎで写真だけだとあまりわかりませんね。

広告

交換前と交換後の比較、見え方

まずスモークシールド単体で見るとかなり透明度が高いので「これスモークではないんじゃ…」と思いましたが、取り付けてみるとしっかり黒いのでちゃんとスモークでした。こうしてつけてみたら透明感を感じません。ヘルメットのグラスブラックと相まって全体的に真っ黒になった印象ですね。

元のクリアシールドと比較してみるとスモークシールドはかなり黒いのが分かります。こんなに黒くてちゃんと見えるのだろうか、夜は走れなくなるんじゃないかと心配になる方もいることでしょう。僕も購入前は実際の見え方はどんな感じなのか気になっていました。

写真は中からの見え方ですが、これが驚きでめちゃくちゃ見えます。見え方としてはクリアシールドとさほど変わらないほど見えやすい印象です。しかしスモークなのでまぶしさは抑えられていますから西日でも走りやすいでしょう。やはり純正品なので中からの透過率が高く視認性が確保されつつも、外からは顔が見えなくなりました。社外品だと透過率を無視している製品もあり、夜は真っ暗で何も見えなくなるものあるのでその点で純正は優れています。夜間でも問題なく走行できるということで安心ですね。

実際に被ってみると写真のようになります。外から顔は全く見えません。明るい日中であれば少し透けて見えるくらいで、街中を走っていて個人を特定することは困難(というかほぼ不可能)だと思います。匿名性があがりましたね。

クリアシールドだとこんな感じです。外からでも目元ははっきりと確認できます。クリアシールドは外の景色がそのまま見えるのでツーリングを楽しむなら良いのですが、何度も書いている通り西日がまぶしくてきつすぎます。あとは顔が普通に見えるので個人を特定できますね。僕はクリアシールドを使用していて一度、バイクで走行中に隣の車に知人が乗っていて話しかけられたことがあります。ヘルメットを被っていて話しかけられるとは思っていませんでしたので驚きました。それくらい顔が識別できるということですね。スモークシールドはバイクの車種が特定できていない限りそういったことは無いでしょう。

広告

純正のスモークシールドが安心

最大のポイントはやはり純正の安心感。

外からは見えないのに中からははっきり見えているという機能性の高さと、貫通テストをクリアしている防御性能は純正ならでは。

社外品の安物だと転倒時にシールドが割れて欠片が目に入れば失明する可能性もありますね。また透過率が低くて夜間の走行に支障をきたす場合もあります。そういった安全性に直結する部分を犠牲にすることはあまり賢い選択とはいえませんから純正品を選びたいところです。

このスモークシールドはアライの純正品ですから耐久性も問題ないでしょう。また純正シールドベースの加工品のミラーシールドとは異なり表面のコーティングがはげるといった心配もありませんので手入れも簡単です。

価格も社外品や加工品と比べても全然高くありませんのでスモークシールドの購入を検討中の方は迷わず購入で良いでしょう。お手持ちのヘルメットがより快適に、よりカッコよくなりますよ。

出典:アライ公式サイト

広告
タイトルとURLをコピーしました