【レビュー】”自然な音”を求めてオーディオテクニカATH-AD500Xを購入した!【ASMR向け】

ATH-AD500X
愛用品レビュー

こんにちは、もち(@ykriding)です!

先日、オーディオテクニカのヘッドホンを購入しました。

ATH-AD500Xというヘッドホンです。

僕はいままで3,000円程度の安いヘッドホンしか使用したことがありませんでしたが、初めて約1万円のちょっといいヘッドホンを購入しました。

結論から言うと、ATH-AD500Xはフラットな音が楽しめてコスパ良し!というヘッドホンでした!

それでは詳しくレビューしていきます!

広告

ATH-AD500Xを選んだ理由

僕がATH-AD500Xを選んだ理由は3つあります。

  1. 自然な音が楽しめること
  2. 価格が1万円前後であること
  3. 信頼できるメーカーであること

まず自然な音が楽しめることを重視しました。

これは僕がASMRをよく聴くためです。

音の再現性が高いヘッドホンでASMRを聴いてみたかったので、音の自然さは最重要項目でした。

 

次に価格が1万円前後であること。

イヤホンやヘッドホン、スピーカーの世界には価格の上限がなく、良い音を求めれば無限に価格が上がります。

音にこだわりのない素人の僕が良い音を求めすぎても、いったい何が良い音なのかわからなくなり、最終的に「高価格=良質な音」となってしまいそうでしたので、価格は1万円前後までと決めていました。

 

そして信頼できるメーカーであること。

これはメジャーなメーカーの方が、聞いたこともないようなメーカーの製品に比べて作りが安定していますし、音も想像しやすいのでメジャーなメーカーで選ぼうと思っていました。

メーカーにこだわりがなければ、Amazonで安くてレビューのいい中華製ヘッドホンを買えばよいだけなのですが、品質のばらつきと、どんな音なのか想像が難しいので今回はパスしました。

広告

ATH-AD500Xの外観レビュー

購入したATH-AD500Xの外観を見ていきましょう!

ATH-AD500X

届いたヘッドホンはこのように中身が見える箱に入っています。

ヘッドホンが大きめですから、箱も大きめです。

エアーダイナミックというシリーズですから、真ん中にAIRと書かれています。

ATH-AD500X

今回購入したATH-AD500Xはオーディオテクニカのエアーダイナミックシリーズの中で最も安価なものです。

このシリーズはATH-AD500XからATH-AD2000Xまであります。

番号が大きくなればなるほど価格が高くなりますが、ヘッドホンの性能も上がります。

AIR DYNAMIC - audio-technica

ATH-AD500X

中身はATH-AD500X本体、6.3mm変換用プラグ、取扱説明書です。

6.3mm変換用プラグは、僕のようにPCのイヤホンジャックくらいしか使わないライトユーザーには不要かなと思います。

あって困ることはありませんし、いつか使うことがあるかもしれません。とりあえず金メッキかっこいい。

ATH-AD500X

ここからATH-AD500X本体を見ていきます。

まずヘッドホンの要であるドライバーですが、大きさは53mmとほとんど最大サイズです。

再生周波数帯域は5~25,000Hzで、ほとんどの音域を範囲をカバーしてますが、ハイレゾには非対応です。

ハウジングはハニカム構造のアルミ製となっており、かなり肉抜きされていますが堅牢なつくりをしています。

スムーズに音が抜けそうな構造で開放感があります。

ただ、ハウジングの隙間から埃入りそうです。

ATH-AD500X

イヤパッドは起毛素材で、柔らかい質感です。

ふわふわしており、長時間付けていても耳が痛くなるようなことはありません。

サイズは大きいので耳がすっぽりと入ります。

イヤパッドは交換することができますので、傷んでも安心です。

ATH-AD500X

ヘッドバンドはしなやかな樹脂製です。

2本でしっかりと支えられています。

破損について気になりますが、柔軟性がありますのでよほど力をいれてねじったりしなければ大丈夫でしょう。

ATH-AD500X

このサポートが頭にフィットして大きなヘッドホンをしっかり頭に固定します。

とはいえ、ヘッドホン自体が大きいので激しく動けばズレます。

ATH-AD500Xコードは3,000円程度のヘッドホンと比べれば太めです。

よほど荒っぽく扱わなければ断線することもないと思われます。

ヘッドホンによってはコードの付け替えができるものがありますが、ATH-AD500Xはコードを付け替えることができません

コードの長さは3mあります。室内で使用するなら長くて便利ですが、持ち運ぶにはちょっと長いですね。

ATH-AD500X

プラグは金メッキ3.5mmです。

6.3mm変換アダプタが付属しています。

ATH-AD500X

6.3mmプラグを取り付けるとこんな感じ。

カチッと気持ちよくはまります。

広告

ATH-AD500Xの音はどうか?

ここからATH-AD500Xの音についてです。

まず、僕は比較できるほど多くのイヤホン、ヘッドホンを使ったことがありません。

ですから無理に類似の商品と比較することなく、ATH-AD500X単体の評価をします。

音のこもりは無い

まず、音のこもりについて。

ATH-AD500Xは開放型のヘッドホンなので、音のこもりがほとんどありません。

音がヘッドホンの外に抜けていく感覚です。

これによって音の広がりが感じられます。

音楽もそうですし、ASMRもそうですが、広い空間で音が鳴っているのを実感できます。

音の位置がよくわかります。左右や前後、距離などを感じやすいです。

ATH-AD500X

音質は”自然な音”

次に音質について。

音質はとても自然で、特徴のない普通の音です。

録音された音がそのまま再現されている感じで、不快感のない音です。

この自然な音というのが、このヘッドホンの良いところであると思います。

音楽の種類によっては、音域の調整がされたヘッドホンの方が魅力的に聞こえるでしょう。

ただ意図して調整されていると、音によって良し悪しが出てしまうのではないかと思います。

その点、自然な音を発するATH-AD500Xは音の種類を選びません。

J-POPやヘヴィメタルもいけますし、雨の音やマイクのタッピングなども自然な音で再現されます。

ありのままの音を求めるのであればATH-AD500Xは適しているでしょう。

ATH-AD500X

音域については、高音の方が再現性が高いと思いました。低音は少し軽い印象です。

この辺りはヘッドホンの造りも影響していると思います。

よくある”重低音ブースト”など一切ありませんから、ドゥンドゥンするような音楽を好む方には物足りないかもしれません。

音漏れはけっこうする

音漏れについては、密閉型と比べると音漏れします。

音漏れの程度としては、標準的な音量で聴いていても外に漏れます。

周りにとっても気にならないレベルではあると思いますが、どんな音楽を聴いているのか関心を持てば、外からでもちゃんと聞き取れます。

開放型であるためこれは仕方ないことであると思います。

あまり屋外での使用には向いておらず、室内での使用がベストでしょう。

ATH-AD500X

音漏れもそうですが、逆に外からの音もかなり聞こえます。

普通の音量で音楽を聴いていても、人と会話できるくらいには外の音が入ってきます。

リビングなどたくさんの音がある場所では、自分の聴きたい音に集中できません。

静かな部屋で使用するには全く問題ありません。

ASMRを聴くには向いている

僕の大好きなASMRを聞くにはどうでしょうか。

これはとても向いていると思います。

まず前述の通り音の位置を把握しやすいので、3dioなどのマイクで録音された音がしっかりと再現されます。

音質もフラットですから、どのような種類のASMRでも苦手とせず楽しめます。

ATH-AD500Xで初めてASMRを聴いたときは、あまりにも良い音がするので「もっと早く買えばよかった」と思いましたね。

広告

1万円以下で選ぶならオススメできる!

価格が1万円以下で、安定のオーディオテクニカで、飾り気がなく自然な音を楽しめる…

以上からATH-AD500Xはオススメできると断言します!

音に特別なこだわりの無い方であれば、1万円以下で買えるこのヘッドホンに不満がでるようなことはないでしょう。

特に今まで3,000円ほどの安価なイヤホン、ヘッドホンを使っていた人ほど、そのクリアな音質に驚くと思います。

ATH-AD500X

ただヘッドホンは実際に音を聴いてみないと良し悪しが判断できませんので、可能であればお近くの実店舗で試聴してみてください。

もしかしたら「イメージしていた音と違った」なんてこともあると思います。

その時は他のヘッドホンを試して自分の好きな音のヘッドホンを見つければいいのです。

そんなヘッドホン選びの入り口として、ぜひATH-AD500Xを試してみてください。

このレビュー記事があなたのヘッドホン選びの参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました