ザ・ノース・フェイスのサージを購入!ロングツーリングにも使える大容量リュック!

愛用品レビュー
愛用品レビュー

こんにちは、もちです。

今回はノースフェイスのリュックサック“サージ”を購入しましたのでレビュー記事です。

超有名ブランドの大容量のバッグはライダーが使うとどうなのか。

多くの写真を交えながら紹介します。

もち
もち
YK Ridingをご覧いただきありがとうございます! TwitterYouTubeもやっています!
広告

製品紹介

外観

今回はブラックを購入しました。多くのカラーがありますが最もシンプルでどのような服装にも合うブラックを選びました。

正面の右上にTHE NORTH FACEのロゴ、左下にSURGEのロゴがあります。黒字に白文字なので目立ちます。このロゴは刺繍です。

下部にはライトを取り付ける部分もあるので、自転車での走行時などは車からの視認性を高めることができます。

センターに取手が付いています。これは平置きのバッグを持ち上げるときや、電車や飛行機へ乗車の際に棚にバッグを置くにも便利です。

ハンドルの作りはしっかりしています。重たいバッグを持ち上げても問題ありません。

正面左右にポケットがあります。

左側は内部がスリーブ生地になっているので傷つけたくないものを入れるといいでしょう。タブレットやスマートフォンなどが入ります。

一方、右側はスリーブ生地ではありません。

漫画本とほぼ同じサイズのiPad miniを入れてみましたが余裕で収納できます。

正面上部のポケットは内部がスリーブ生地になっています。大きさはありませんので量は入りませんがスマホなどを入れておくのに丁度いいサイズ感です。

GoPro8を入れてみるとこのような感じです。これくらいの小物を収納するのに適しています。

バッグの左右にはサイドポケットが付いています。

バックル付きなのでペットボトルはもちろん、三脚など長さのあるものも固定できます。

上部に取手が付いています。感触はソフトで薄めですが作りはしっかり。大きさも適切で持ちやすいです。

バッグの底にプロテクターは付いていません。少し前方に角度が付いています。

背面はソフトパッドが付いています。背中に当たる部分はカバーされているので背負い心地はよいです。

ソフトパッドの感触は少し硬めといった感じです。指で押してみると柔らかいですが反発力も強いです。

ショルダーベルトは薄く硬め。曲がりますがグニャグニャしすぎることはありません。ショルダーベルトの付け根はかなりしっかり留めてあるのでちぎれることはないでしょう。

胸、腰にベルトがあるので留めればカバンが体にピッタリしてブレません。歩き回るときは疲れにくくていいですね。このバッグの特徴としてバックルがとてもしっかり作られています。カチッとはまる間隔はクセになります。

ポケット

主なポケットは3つあり、それぞれ大きさと用途が異なります。

最も手前のポケットから。ここのポケットは内部が細かく仕切られているので小物を入れるのに特化しています。スマホサイズの小物が収納できますし、ペンを入れておくポケットもあります。

さらにジッパーで区切られたスペースもあるため、絶対になくしたくないものなどを入れておくといいでしょう。鍵などを取り付けておくフックもあります。

この部分もiPad miniが横向きで入るくらいのスペースがありますので大抵のものは入ります。

メインのポケットはかなり大きく、相当な量のものが入ります。バッグの容量は35Lですがこれを見れば納得です。とはいえ普段はこんなに荷物を持ち歩くことは少ないですが。

僕の使っている収納時40cm×25cmの寝袋はすっぽり入りました。数泊するような旅行の際には衣類を入れておくのに活躍しそうです。

僕はロングツーリングの際、衣類はバイクに取り付けたボックスに入れっぱなしですがこのバッグであれば常に持ち歩くことができますので盗難に怯えなくてよくなります。

ここにもジッパーで区切られたポケットがあります。深さはありませんが取り出しやすいです。

背面のポケットはノートPCやタブレット用で3つに別れています。背中の部分は硬くなっているので中身を衝撃から守ってくれます。

ノートPCは15.6インチまで対応。僕の手持ちのノートPCも入りました。素の状態で入れてけっこうギリギリなので厚めのPCケースに入れていると入らないかもしれません。

真ん中にタブレット用のスペースがあります。iPad miniは余裕で収納できました。大きめのタブレットもいけますね。というか11.6インチくらいのノートPCならここにも入りそうです。

広告

ツーリングに使ってみた感想

まだ本格的なロングツーリングには使っていませんが、日帰りツーリングの際に使った感想です。

まず背負い心地はとても良いです。ショルダーベルトは硬めなのですがチェストとウェストベルトを留めておけばしっかり体にフィットします。走行中でもバッグが動くことはなくバイクの操作には全く支障はありませんでした。ただバッグ自体が1.4kgと重たいので長時間背負っていると肩への負担は大きくなります。

収納量に関しては多すぎるくらい。宿泊しないツーリングの場合はこのバッグだと容量過多です。そもそもメインのポケットがとても大きいのでここが埋まるほど荷物を持って行くのは困難です。テントなど大型のキャンプ道具はさすがに入りませんが調理器具などの小物であればほとんどが収納可能です。数泊のツーリングならば衣類を入れておけますのでバッグの大容量であることを有効に利用できます。これだけ大容量のバッグになると3泊以上のツーリングが荷物的にちょうどいいかもしれません。

耐久性は購入したばかりなので何とも言えませんが、壊れそうな要素がないのでかなり長持ちするような気はします。バッグの傷みとして考えられるのは縫製部のほつれと表面の摩耗です。ほつれについて取手等の取り付けはかなりしっかりしているようなのでそう簡単に取れることは無いと思います。表面の摩耗で気になるのは底部で、プロテクターが付いていませんので繰り返し地面に置いていると傷むかもしれませんね。僕は一つのバッグをヘビロテするので今後はこのサージをメインに使う予定です。耐久性で気になることがあれば追記していきます。

広告

全部持ち歩きたい人向け

このバッグは全部の荷物を持ち歩きたい人向けであるといえます。もちろん荷物の量によってはこのバッグひとつでは収まりきらないかもしれませんがほとんどのものは収納できます。

僕はキャンプツーリングに行くたびに、バイクに積載してある荷物が目を離したすきになくなってたらどうしようと考えます。もちろん貴重品はもちあるいていますし、バイクに積載している荷物は最悪なくなっても許容できるものです。それでもなくなればショックですしまた買いなおさなくてはいけません。なのでできるだけ荷物は持ち歩くことが最善です。

このバッグは収納量が多いのでいままでバイクに積載してた物もバッグに入れておくことで、荷物がなくなった際のダメージを軽減できるなと考えています。あとはそもそもの荷物を見直しすることでこのバッグだけでツーリングに行けるようになるとも思います。

僕はこれから日本一周に行く予定なのでその際にはこのバッグを持って行きます。同じように長期間長距離を走るライダーにはオススメです。普段使いから日本一周まで幅広く使えるいいバッグですね。

 

広告
タイトルとURLをコピーしました