【テールランプ交換解説】ジムニー(JB23)にMBROサンダーテールを取り付け!

ジムニー(JB23)
ジムニー(JB23)

こんにちは、もちです。

僕はJB23ジムニーの10型ランドベンチャーに乗っています。色はクールカーキです。JB23の登場はもう20年ほど前になります。ジムニーのデザイン自体は普遍的で時代に左右されない良さがありますが、1か所どうしても古さを感じるパーツがありました。

それがテールランプです。

クールカーキの色はミリタリー感もあってカッコよくジムニーのスタイルによく合っています。しかしテールランプが2000年前後のデザインで古さを隠しきれていません。このテールランプがもっとクールなデザインならよりクールカーキの似合うジムニーになるはずだと考えました。

そこで愛車のジムニー(JB23)のテールランプを交換しようと思い、今回はJB23定番のMBROサンダーテールを購入して取り付けました。この記事では交換方法を解説しつつ、交換前と交換後を比較します。テールランプの交換を検討中の方のご参考になれば幸いです。

その他ジムニー(JB23)の記事はこちら

もち
もち
YK Ridingをご覧いただきありがとうございます! TwitterYouTubeもやっています!
広告

必要な工具

ソケットレンチ(六角ソケット)

サイズ:10ミリ(プラスドライバーでも可)

広告

MBROサンダーテール

MBROサンダーテール

こちらが今回購入したMBROサンダーテールです。大きなMBROの箱に入ってきました。箱は大きめですが重量は軽いです。

価格は20,000円+税です。

MBROサンダーテール

中にはMBROサンダーテールが入っています。傷などつかないようにしっかりと梱包されていますし、ずれないように緩衝材も詰められていますね。輸送中の破損の恐れはなさそうです。

MBROサンダーテール

こちらが今回購入したMBROサンダーテール本体です。カラーはレッドスモークを購入しました。

カラーに関しては複数あるため迷いましたが、MBROサンダーテールを装着したジムニーの画像を見てみるとクールカーキにはレッドスモークが最も合っていると思いレッドスモークを選択しました。クールカーキであればクリアも似合いそうでしたね。

MBROサンダーテール

製品自体の作りはとても綺麗です。ピカピカですね。

この手の社外パーツは仕上げが甘かったりしますが、MBROサンダーテールは細部まで丁寧に作られていました。

MBROサンダーテール

近くで見ても傷やバリもありませんでした。

テール部とブレーキ部は赤いクリアのパーツで、ウインカー部はクリアパーツです。

ウインカーはアンバーのLEDになっています。

広告

テールランプの交換方法

テールランプの交換は難しい作業がないので非常に簡単です。

時間は10分もあれば十分でしょう。

純正テールランプを外す

MBROサンダーテール

まずは左側です。

バックドアを開いてテールランプを固定しているボルトが2本ありますので外します(写真の赤丸)。

MBROサンダーテール

ボルトを外してテールランプを手前に引き出すと、クリップが取れてテールランプを車体から外すことができます。普段は外すことのないパーツの裏側なので清掃などしているわけもありませんから結構汚れていますね。

ウインカーとブレーキの電球のソケットを回して外します。

MBROサンダーテール

ソケットを外したら電球をソケットから抜き取ります。このソケットとMBROサンダーテールを接続することになります。

MBROサンダーテール

右側も同様に2本のボルトでテールランプが固定されているので外します(写真の赤丸)。

MBROサンダーテール

右側の注意点ですが、バックドアを開けたままだとテールランプの取り付け部が引っかかって外せませんので、少しドアを閉めて隙間を作りそこからテールランプを引き抜きます。

中途半端に取り外した状態でバックドアを完全に閉めたり開けたりするとテールランプが破損する恐れがありますので慎重に作業してください。

MBROサンダーテール

純正テールランプとMBROサンダーテールレッドスモークとの比較です。

並べてみると純正のテールランプはかなり野暮ったい見た目をしていますね。対してMBROサンダーテールの方はスタイリッシュな見た目で近代的なイメージです。

形状はほとんど同じでMBROサンダーテールの作りの良さがうかがえます。

シール剥がしとクリップの付け替え

MBROサンダーテール

さて、MBROサンダーテールですが、背面はこのようになっています。

MBROサンダーテール

新品で購入した場合はソケット挿入口に白いシールが貼ってありますのでこれを剥がします。

MBROサンダーテール

純正のテールランプからクリップ(赤丸)を取り外してMBROサンダーテールに付け替えます。

これで取り付け準備は完了です。

MBROサンダーテールを取り付ける

MBROサンダーテール

取付方法は簡単。

MBROサンダーテールのソケットを車体側の差込口に差し込むだけです。

MBROサンダーテール

MBROサンダーテール

注意点としては、純正テールランプは上がウインカー、下がブレーキでしたが、MBROサンダーテールの場合は上がブレーキ、下がウインカーになっています。

ですから、純正とは逆にソケットを取り付けます。

また、極性がありますので正しい方向を確認してください。

MBROサンダーテール

このようにソケットは回してロックさせ、しっかりと取り付けましょう。

あとは外した時と逆の手順で付ければ交換完了です。

その前にちゃんとテールとウインカー、ブレーキが点灯するか確認をしておきましょう。

広告

MBROサンダーテールと純正の比較

純正との比較です。

写真にいろいろ写っちゃいましたのでボカしてあります。

MBROサンダーテールMBROサンダーテール

純正テールランプはいかにも純正ですといった味気のないデザインでした。

ジムニーという車の性格を考えれば純正でも特に問題はありませんが、僕のようになんちゃってジムニー乗りは悪路に行くこともなく街乗りだけですから、ドレスアップは大切です。

MBROサンダーテール

MBROサンダーテール

こちらが交換後です。

純正テールランプに比べてリアビューが引き締まりましたね。

さらにレッドスモークはクールカーキとの相性も抜群でリアビューのデザインにまとまりが出ました。

比較

並べるとこんな感じ。

純正テールランプはオレンジが入っていましたが、MBROサンダーテールはレッドスモークとクリアだけなので、色が減ってスッキリしました。

点灯させてみましたが、やっぱりLEDのテールランプはキレがあっていいですね。

ジムニーに乗り始めて1年半と少し経ちましたが、まだまだノーマルの域を出ませんので、今後もカスタムしていこうと思います。

もっとも、パーツを買うお金があれば…ですが。

ちなみにMBROサンダーテールは20,000円+税でした。価格は参考までに…。

他にもカスタム記事をいくつか書いていますので良ければ覗いてみてください。

それでは、最後まで読んでいただきたいありがとうございました。

広告
タイトルとURLをコピーしました