ジムニー(JB23)のタイヤがパンクした!欲しいタイヤへ交換のチャンスか?

パンクアイキャッチ
ジムニー(JB23)
広告

ジムニーのタイヤがパンクした!

こんにちは、もちです!

先日、愛車のジムニー(JB23)のタイヤがパンクしてしまいました。

休日に片道50キロ程度のドライブに行き、その帰り道でトラックの荷台から落下したであろう木片が散らばっている場所がありました。

できるだけ落下物を避けて走ったのですが、右フロントタイヤで1つだけ木片を踏んでしましました。しかしスムーズに乗り越えられて「さすがジムニーだ。この程度なんの問題もないな。」と感心したものです。

ところが、そのあと交差点を曲がる際に「なんだか曲がりにくいな」と違和感を感じ、「もしかしてパンクしたかな?」と思いましたが、「木を踏んだだけでパンクするわけないよな」と特に気にすることなく残りの30キロほどを走って帰宅。

そして車から降り、右フロントタイヤを確認してみると、やっぱりパンクしていました。とても理想的な、空気が抜けてタイヤが潰れた形になっていて、思わず写真を撮りましたね。

ジムニーパンク

しかしまさか本当にパンクしているとは思っていませんでした。踏んだ木片に釘でも刺さっていたのでしょうか。

とにかくこのままにしておくわけにもいかないので、タイヤ交換をすることに。

いつも背負っていたスペアタイヤを下ろして交換作業を行いました。スペアタイヤは使うことがないと思い取り外そうかと考えていましたが、やはりこういったときに役立つので必要ですね。

ジムニーパンク

タイヤが潰れない程度までジャッキアップしました。数センチほど上げましたので、タイヤはかなり潰れていたようです。

こうなるとホイールへのダメージが心配になります。タイヤがパンクしてしまい、そのまま走り続けたということは、ホイールにかなりの衝撃が加わっていたということでしょう。

ホイールが歪んでしまっていた場合、タイヤだけではなくホイールも交換しなくてはなりません。さらに僕のジムニーはJB23のランドベンチャー最終型。ホイールは専用品ですし絶版品です。このホイールはジムニーの純正ホイールのなかでは最軽量のもので、デザインも悪くないので気に入っていました。もしホイールがダメならショックです。

ジムニーパンク

こちらがスペアタイヤです。

シルバーのスチールホイールにジムニー純正タイヤのブリヂストン製デューラーが装着されています。

スペアタイヤとはいえ純正タイヤと同じものが用意されているのは、ジムニーという車が荒地などを走行するためパンクした時も同じタイヤでなくてはならないということでしょうか。

ジムニーに乗り始めて3年目になりますが、今までこのスペアタイヤは一度も使用したことがありませんでしたので新品状態です。タイヤカバーに収まっていたので日光によるダメージもなく、保管状態は良好でした。

ジムニーパンク

パンクしたタイヤを取り外しました。

足回りへのダメージが心配でしたので、目視で傷みはないか確認しましたが問題なさそうです。ジムニーは足回りが頑丈な車ですから、多少のことで壊れるようなことはありません。とはいえ異常に気付くのが遅れますのであまり過度な信頼は禁物です。

ここにスペアタイヤを取り付けます。純正アルミホイールはかなり軽量なのですが、スペアタイヤのスチールホイールは本当に重かったです。こんなに重たいものを背負っていたと考えると、日ごろジムニーは少ないパワーで頑張っていたのですね。

ジムニーパンク

スペアタイヤの取り付け後はこのような感じです。

ジムニーはオフロードを走るという車の性質上、通常はあまりカッコよくないとされているスチールホイールでもカッコよく履きこなすことができます。ジムニーの雰囲気とスチールホイールの無骨さが相性抜群で、あえてスチールホイールを選んで履いているオーナーもいるようですね。

僕のジムニーはボディカラーがカーキなのでシルバーのホイールは似合いませんが、もしこれが黒であれば純正アルミホイールよりカッコいいのではないかと思いました。

パンクしたタイヤを見てみると、小さな穴が開いていました。やはり木片に釘が刺さっていて、運悪くそれを踏んでしまったようです。穴も小さかったので空気が抜けるのが遅く、帰宅するまでそのまま走り続けることができたようですが、パンクしたタイヤで30キロも走ってしまったのは反省すべきですね。違和感を感じた時点で停車して確認すべきでした。

とりあえずはスペアタイヤで問題なく走れることを確認しましたので、一時的にこの状態で乗ることになります。

広告

タイヤを買い替えようか迷う

後日タイヤショップに行きパンクしたタイヤとホイールを確認してもらいましたが、見た感じホイールには大きなダメージは無いだろうといわれました。タイヤに厚みがあったのでクッションになってダメージが少なかったのではないかとのことです。

とはいえ、いつまでもスペアタイヤを使い続けるわけにもいきませんから、新たなタイヤの購入が必要です。

ここで僕は2パターン考えました。

ひとつは、パンクしたタイヤと同じくデューラーを買い交換する。

この場合はパンク前とほとんど変わらない状態に戻りますし、金額も8,000円程度で済みます。もっとも安くパンク状態を解消できるので一番はこれでしょう。

ふたつめは、パンクしていない他のタイヤも含めて買い替えてしまう。

僕は以前からジムニーに似合うタイヤに交換したいと思っていました。具体的には、トーヨータイヤのオープンカントリーR/Tが欲しかったのです。しかし、純正のデューラーがまだ使える状態でしたし、オープンカントリーR/Tは5万円ほどするので実際に交換するまでは至りませんでした。

オープンカントリーRT

出典:toyotires.jp

ただ今回タイヤがパンクするという不運な出来事があり、それを元に戻すだけだとなんだか損した気分になってしまいます。もともとパンクしなければ不要な出費もせずに済みましたから。

そこで、せっかくだったらこのパンクをいい機会だと思い、欲しかったタイヤに交換してしまうというのが、この不運を乗り越えるには一番いいのかなとも思います。

僕は、車やバイクは壊れたときが最もカスタムに適していると思っていますので、このチャンスを逃すことなく、さらにカッコいいジムニーへの糧とすべきだと考えています。

ジムニー

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました