【ジムニーJB23】シフトレバーのカタカタ音を解消する

ジムニー(JB23)
広告

僕の愛車はジムニーJB23(10型)です。もう4年くらい乗っていますが、特に可もなく不可もなくという優秀な車です。道具としてはこの上ない完成度であると評価しています。

ジムニーという車は趣味性の高い車としても知られており、自分好みにカスタムしていくオーナーが多いと思います。そしていじるのも簡単な車なので初心者でも楽しみながら自分の好きな車を作り上げていくことができますね。僕もいろいろ自分でやってますがそれも込みでジムニーは非常におもしろい車だと思います。

そして今回の記事ではシフトレバーのカタカタ音の解消について紹介しています。JB23に乗っていてカタカタ音に心当たりがあるという方も多いことでしょう。以下に原因と対策を記載していますので参考にしてください。

広告

シフトレバーのカタカタ音の原因

ジムニーJB23のシフトレバーなんですが、アイドリング時に「カタカタ」という音がします。振動音ではなく、何かが何かと干渉して「カタカタ」と鳴っているような音です。

これについては個体差もあるので全部の車両がそうではないと思いますが、ネットなど見ていると高確率でシフトレバーからカタカタという音がするようです。まあジムニーに乗っている人はあんまり細かいことを気にしないのでカタカタ鳴っていても気にならないのかもしれませんが…。

シフトレバーのカタカタ音の原因は様々あると思いますが、ほとんどの場合シフトブーツの下、というか中に原因があります。

ということでシフトブーツを外して中をチェックしましょう。JB23ジムニーのシフトブーツは土台のツメにはまっているだけなので手で簡単に外れます。

シフトブーツを外すと上の写真のような感じになっています。

カタカタ音の原因は外側シフトブーツの下にある内側シフトブーツです(ややこしいので内側シフトブーツを”シフトブーツ”と呼びます)。このシフトブーツがアイドリングの振動で土台のプラスチック部分とぶつかることでカタカタという音がなります(写真の指差した部分)。

ということはこのシフトブーツが土台とぶつからないようにしてしまえば音は解消されるということです。カタカタ音の原因は単純でしたね。

広告

両面テープでカタカタ音の解消

シフトブーツのカタカタ音解消のため、今回は車用の両面テープを干渉部分に貼り付けます。

この両面テープは3Mの車両用両面テープです。エアロパーツとかの固定補助に使用するものですね。粘着力が高いので車に何か貼り付けるときは大変重宝します。一度貼れば全然外れません。

この両面テープを2センチくらいの長さに切って干渉部分に貼ります。

干渉している部分に両面テープをフワッと貼り付けておきます。緩衝材として機能してくれれば良いのであまりガッチリ固定していません。シフトレバーを動かしたら取れるんじゃないかと思うかもしれませんが、シフトブーツはそこまで可動域がないので大丈夫でしょう。

これにより振動でシフトブーツがプラスチック部分とぶつかることが無くなり、音が鳴らなくなります。

以上で作業は終了です。時間にして2分程度の簡単作業でした。

今回カタカタ音解消のために僕は両面テープを使いましたが、該当部分が干渉しなくなれば何を使っても良いと思います。何かしら干渉部分に挟まってれば良いので、極端な話厚紙でもいいんじゃないかと思います。まあ両面テープが一番無難ですかね。

作業後はアイドリング時にカタカタ音が鳴らなくなりました。カタカタ音はちょっとだけ気になっていた部分でしたが、簡単作業で小さなストレスが解消されて大満足です。

JB23ジムニーで僕と同じようにシフトレバーのカタカタ音でお悩みの方はぜひ試してみてください。ちなみにほとんどの場合はこれが原因ですけど、中には本当に故障しててカタカタ鳴っている車両もあることでしょう。そのあたりは自己判断で。

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました