北海道ツーリングには何を着ていけばいい?北海道住みの僕がお答えします!

北海道の服装
バイク関連情報

ライダーの皆さん、このようなことを考えたことはありますか?

北海道ツーリングにはどんな服装で行ったらいいんだろう?
北海道ツーリングに行くんだけど、やっぱり寒いのかな?

北海道ツーリングの際に気になるのが、どんな服装で行けばいいのかということ。特に道外の方は北海道の気温をイメージしにくいと思います。

そんな方のために北海道でバイクに乗っている僕が北海道ツーリングの服装についての疑問にお答えします。

僕は4月~11月上旬の春~秋までツーリングに行きますが、それぞれの季節、それぞれの地域によって気温は大きく異なります。快適に走れる季節は6~8月までで、他の時期は寒いと思った方がいいです。

通年の基本の服装と春夏秋の服装を紹介しています。

広告

基本の服装(5~6月・9月)

基本の服装は以下の通りです。

基本の服装
上半身:ヒートテックシャツ、ジャージ、プロテクター、薄手のアウター
下半身:膝プロテクター、ジーンズ

基本の服装で対応できる季節は気温にもよりますが5月~6月、9月上旬~中旬までです。

北海道の服装の基本は重ね着での温度調節。そして少し暖かめにしておくこと。あとは気温に応じて都度調整します。

上半身の服装

北海道の服装

インナーとしてユニクロのヒートテックのシャツを着ています。

ヒートテックはご存知の通り保温性が高いので気温が低めでも寒さを感じにくいです。逆に気温が上がってくるとかなり暑く感じますが。

北海道という場所は真夏以外に暑いと感じるほどの気温になることは稀ですので、半袖Tシャツだと少し心もとないです。ロングのヒートテックシャツであれば幅広く対応できます。

北海道の服装

ヒートテックシャツの上からジャージを着ています。重ね着をするのは細かく温度調節が可能だからです。暑いと感じるならば脱げばよく、寒いならば着ればいい。多めに着て行って着脱で温度調整するのが基本です。

そもそも服を持っていなくては寒さに対応できません。脱いだジャージはバッグに入れておきます。観光地を歩きまわる際はシャツの上からジャージだけ羽織るとちょうどよくなることが多いです。

プロテクター

プロテクターはコミネのCEアーマードトップインナーウェアを使用しています。

僕はバイクジャケットを着ませんので、普通の服装に別途プロテクターを身に着ける必要があり、着るタイプのCEアーマードトップインナーウェアを選びました。

服装の自由度と防御性能を両立できるのでオススメのプロテクターです。レビューも書いていますのでご覧ください。

北海道の服装

アウターはふらっと立ち寄った衣料品店でセールのものを購入して6年ほど着ています。価格はなんと980円。コスパ最強です。

見た目はマウンテンパーカー風なのですが、生地が薄く防風性、防水性が全くありません。ですから風は常に通しますし、雨が降るとすぐに濡れてしまいますので、メッシュジャケットのようなものです。

ただ、ヒートテックシャツとジャージで防寒性は確保できているためアウターが薄くても寒さを感じることは少ないです。

僕の服装の場合、CEアーマードトップインナーウェアを着ているためアウターはタイトなものを着れませんから、ある程度余裕のあるものを選んで着ています。とはいえさすがにバイクに乗っている以上は防風防水性は欲しい機能です。今後はノースフェイスのジャケットに変更する予定でいます。

下半身の服装

ステルスCEニーガード

下半身についてはまず膝プロテクターを身に着けています。以前はコミネのトリプルニープロテクター3を使用していましたが、現在はRSタイチのステルスCEニーガードを使用しています。

コミネのトリプルニープロテクター3は価格の割に防御性能が高いためコストパフォーマンスに優れています。こちらは5年ほど使用していました。

現在使用しているRSタイチのステルスCEニーガードはコンパクトで目立たないプロテクターになっています。プロテクターを身に着けていると少し邪魔だなと思うことがありますが、このプロテクターは着け心地が良く気になりませんのでツーリングに集中できます。どちらもレビュー記事を書いていますのでご覧ください。

ジーンズ

膝プロテクターの上からEDWINの太めのジーンズを履いています。バイク用ではないため防風性はありませんが、下半身は上半身よりは風を受けませんので防風性がなくてもさほど問題ありません。

ジーンズのメーカーはどこでもよいと思いますが、膝プロテクターを着けている分、膝周りが太くなりますので太めのものを選ぶとよいと思います。

以上が基本的な服装になります。季節や地域によりますが迷ったらこの服装でツーリングに行きます。

広告

夏(7~8月)の服装

夏の服装は以下の通りです。

夏の服装
上半身:半袖Tシャツ、プロテクター、薄手のアウター
下半身:膝プロテクター、ジーンズ

北海道は本州などに比べると夏は過ごしやすいと思いますが、それでも十分に暑くなります。

僕が思う北海道の夏とは7~8月のことです。この2ヵ月以外はほとんど夏を感じることはありません。気温もこの2ヵ月は高いですがあとは低めです。

夏場で気をつけるべきは雨。北海道は梅雨がありませんが、最近は長い雨が続くことが多いので雨対策は必須と言えます。

北海道の服装

上半身は基本の服装と同じプロテクターとアウターを着用しています。異なる点として夏場は半袖のTシャツを着ています。

気温が30度を超える日もそれなりにありますし、高温になりますと風も熱風になりますので常に暑い状態が続きます。できるだけ通気性が良く涼しい服装を心がけるという点では北海道も本州も同じです。

夏になると半袖1枚でバイクに乗っている方も見かけますが、僕は転倒が怖いので必ずプロテクターを身に着けています。

ジーンズ

下半身については基本の服装と同じで膝プロテクターとジーンズです。夏場でもこれで問題ありません。

夏は涼しくが基本となりますが、地域によっては寒い場所もありますので、なにか追加で着るものを持っておいた方が良いです。

納沙布岬

例えば僕は7月中旬に根室市の納沙布岬に行ったことがありますが、この時は7月にもかかわらず気温は10度前後しかなく、岬にたどり着くまで震えていました。

手持ちの服を着こんでなんとか帰ってくることができましたが、北海道はいつどこで気温が大きく変わるのか分かりませんから、常に1枚着れるものを持っておいた方が無難です。

広告

春・秋(4~5・9~10月)の服装

春と秋の服装は以下の通りです。

春と秋の服装
上半身:ヒートテックシャツ、ジャージ、ウルトラライトダウン、プロテクター、薄手のアウター下半身:膝プロテクター、ヒートテックレギンス、ジーンズ

北海道の4~5月、9~10月はほぼ間違いなく寒いです。時々5月に35度になったりしますが稀です。ツーリング先によりますが常に寒いと考えて服装を選ぶ必要があります。

北海道の服装

上半身は基本の服装に加えてウルトラライトダウンを着ています。ウルトラライトダウンは薄く軽いため重ね着するのに最適です。しかも防風性もあり防寒性も高いのでライダーであれば必ず1着は持っておきたいですね。

上半身は5枚重ねで防寒性を確保しつつ気温に応じて脱いで調整できるようになっています。これで10度くらいまでは対応できます。

僕はアウターは前述通り薄手のものを着ていますが、これを厚手のものにすることでさらに保温性を高めることができます。

北海道の服装

下半身はユニクロのヒートテックタイツを履くことで防寒性を高めています。

下半身は上半身に比べれば風が当たりにくく熱を奪われにくいのですが、気温が低いとそういったことは関係なく体が冷えますのでいかに熱を保つかが大切になります。

ヒートテックタイツを1枚履くだけで体感温度は全く異なります。どう作っているのかわかりませんがヒートテックは保温性が非常に高く、真冬でもヒートテックレギンスを履けばあまり寒さを感じないほどです。バイクに乗っていると平時よりも放熱しますのでこれは欠かせない1枚です。ただ、少しでも気温が上がってくると暑く感じることもあります。そういったときも脱げば問題ありません。

広告

その他の小物

服装には直接影響しませんが使っている小物類も紹介しておきます。

アライRX-7X

ヘルメットはアライのRX-7Xを使用しています。

このヘルメットは機能性の高いヘルメットで、特にベンチレーションを開放したときの通気性はとても良く、夏場のヘルメット内の蒸れを軽減できます。

またアライのヘルメットということで信頼性も高いです。

グローブはデイトナのゴートスキングローブを使用しています。

デイトナのグローブはシンプルなデザインでどのような服装にも合わせやすいです。カラーも豊富で、価格もリーズナブル。ゴートスキンはしなやかで手に良く馴染み装着感も良いです。

迷ったらこれを買っておけば間違いないという安定のグローブです。

広告

北海道の特に寒い場所

襟裳岬2020

まず海沿いは内陸に比べると寒いです。これは北海道に限らずそうだと思います。

特に山に面した海岸線は気温の変化が激しく、トンネル一つ越えると気温が全然違うといったことも多いです。北海道ツーリングに来る方の多くは海沿いをメインに走ると思いますので気を付けたいところです。

北見神威岬

オホーツク海側は他の地域よりも寒いと感じました。日本海側と体感温度は結構異なります。

日本海側を走っていて寒さを感じることは少ないのですが、オホーツク海側を走っていると肌寒いと感じることがあります。このあたりをメインに走る方は少し厚めの服装でもよいかと思います。

納沙布岬

僕がいままでで最も寒いと感じたのは、先にも書きましたが道東の根室町にある納沙布岬周辺です。7月の中旬に根室市を訪れましたが、当日は曇りで気温が低く相当寒かったです。

納沙布岬までの道中は震える身体をなんとか押さえつけて走りました。あまりに寒いと観光どころではありませんのでなるべく体温を下げない工夫が必要です。

広告

北海道ツーリング服装のまとめ

ツーリングの服装

よく言われることですが、北海道に来る際には「1枚多く」着たほうが無難です。

僕は以前、稚内あたりで本州からツーリングに来た青年と話す機会がありました。「どっちの方から来たんですか?」と聞かれ、「オホーツク海側から走ってきました。めちゃくちゃ寒かったです…」と伝えると、「僕Tシャツしか持ってません!」と衝撃の一言が。彼の身を案じ「まず近くの町で服買ってください!」とアドバイスはしましたが、彼がその後どうなったかは分かりません…。もしかしたら寒さでツーリングを楽しめなかったのかも…。

ツーリングを楽しむためには快適な環境が大切です。寒すぎたり暑すぎたりするとそればかりに気を取られツーリングに集中できません。バイクで走ることすらままならないほどの寒さだと移動すら困難になります。

道外の方は北海道に来るだけでも大変だと思いますし、せっかくの北海道を100%楽しんでほしいので服装にはくれぐれも注意してください。

しつこいようですが1枚多めに!を心がけましょう。僕の経験が北海道に来る方の参考になれば幸いです。

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました