【レビュー】広告でよく見かけるポケモンシャツを買ってみた!

愛用品レビュー

最近YouTubeを見ていると頻繁に流れる広告があります。それはポケモンシャツ

「ポケモンいえるかな?」の曲に合わせたポケモンシャツを「イマクニ?」さんが着ているやつです。もしかすると僕にしか出ていない広告なのかもしれませんが、あまりにも見かける機会が多いので気になってサイトを見に行きました。そして試しにオリジナルのポケモンシャツをデザインしてみました。そしてそのまま買いました。

ということで今回は広告でよくみかけるポケモンシャツを実際に購入してみたレビュー記事です。

この記事は完全に個人で書いておりアフィリエイトでもなんでもありません。ただ僕自身がポケモンシャツを購入する際にレビュー記事を探しましたが詳細なものがなかったので、この記事がこれから購入を検討している方のお役に立てばと思います。

広告

実際のポケモンシャツはこんな感じ

ポケモンシャツは購入してから実際に届くまで時間がかかります。完全にオーダーメイドで作り置きされていませんから当然ですね。

僕の場合は11月上旬に注文して同月下旬に届きました。注文後の画面には3~5週間ほどで到着と書いてありましたのでほとんどその通りでした。注文時期やオーダーの程度によって納期は変わると思います。

15インチのノートPCくらいの段ボール箱が届いてその中にピカチュウのイラストが描かれた箱が入っています。この箱は可愛いので捨てられませんね。

箱を開けると注文したポケモンシャツとステッカーが入っていました。折りたたまれたシャツが箱の中にピッタリ納まっています。

ポケモンシャツはこのように丁寧に折りたたまれた状態でビニール袋に入っています。

この袋にもピカチュウのイラストが描かれていて、ビニール袋まで可愛くてこれも捨てにくいですね。

シャツを袋から取り出すとこんな感じ。

シャツにはカジュアル、ドレス、リラックスの3種類あり、僕が購入したのはメンズのカジュアルシャツです。

ポケモンシャツは細かくデザインを選ぶことができます。今回はバクフーンをメインの柄にしました。全体のデザインとしては、赤いバクフーン柄がメインで、襟が黒です。ポイントとして袖と襟の裏の柄を変更しています。ボタンはモンスターボール柄です。

こういうのは普通1番好きなポケモンを選ぶ人が多いと思います。しかしバクフーンは僕の一番好きなポケモンではありません。本当はボーマンダの柄を選びたかったのですが派手すぎたんですよね。

ポケモンシャツを着て外出するときのことを考えるとあまり派手な柄にすることもできず、すべての柄をチェックした結果、バクフーンが最もポケモンシャツ感を出しつつ普段使いできそうだったので選びました。遠目で見るとポケモンの柄だとは気づきませんが、近くで見るとしっかりとバクフーンがいます。

袖の裏側にはバクフーンの進化前であるマグマラシをチョイス。

袖裏のデザインはオプションで変更可能です。追加料金がかかりますがバクフーンは3段進化のポケモンなのでどうしても袖裏は進化前のポケモン柄にしたいという思いがあり、袖は折ることが多く見えやすい部分なのでこだわりました。マグマラシ柄は青なので赤いバクフーン柄のアクセントとして使うには最適でした。

標準だと襟はシャツと同じ柄、素材になりますが、オプションで変更可能です。襟の形も選ぶことができます。今回はラウンドにしました。

僕は襟だけ黒に変更しています。理由としてはメインカラーが赤なので全体的にちょっと膨張して見えるんですね。なので重たい印象になるのを緩和するため襟を黒にしました。黒にすることで首回りがスッキリして見えます。

襟裏の柄もオプションで変更可能です。僕はここにヒノアラシ柄を選びました。バクフーンは3段進化なので進化前のヒノアラシをここに潜ませています。

襟の裏は他人からは見えない場所なのでここにヒノアラシがいることは自分しか知りません。自分しか知らない、見えない部分の柄が違うというのはなかなかオシャレではないでしょうか。こんなところまで生地が選べるのは嬉しいですね。

シャツのタグにはPokémonShirtの字とピカチュウがいます。このタグもポケモンシャツっぽくて可愛いですね。

オプションで左裾にアンノーンの刺繍を入れることができます。

この刺繍はひらがなカタカナ漢字は不可、アルファベット限定となっています。せっかくなので僕はYを入れました。

シャツの質感ですが、僕が選んだバクフーンは綿100%で滑らかな手触りです。特別高級な生地ではなく、いたって普通のシャツという感じですね。しかし丁寧に作られており質感は上々です。

生地は少し薄めになっていますのでシャツの上にアウターを着てもキツくありません。

ボタンは通常のボタンの他に、モンスターボール柄、スーパーボール柄、ハイパーボール柄のボタンをオプションで選ぶことができます。

僕はポケモンシャツを買うからにはボタンはモンスターボール柄にしたいなと思っていたので迷わずこちらを選びました。

広告

ポケモンシャツを着てみるとこんな感じ

ポケモンシャツを実際に着てみるとこのような感じになります。

赤の総柄なので結構派手ですが、僕が普段使いもできるようにデザインしたということもあり意外と普通な印象。めちゃくちゃ派手な柄を選べばもっとポケモン感を出すことができると思います。

サイズはSサイズを購入しています。僕はやせ型168cmでSサイズがちょうどいい感じですね。ゆったり着るならワンサイズ上を選ぶと良いでしょう。今回はカジュアルシャツを購入しているので緩めのシルエットになっています。ドレスシャツだともう少しスッキリとした感じになるのでしょうね。

広告

初期不良の対応はとても良かった

僕のポケモンシャツは届いた段階でモンスターボール柄のボタンが傷ついていました。

開封時にはこの状態だったので、縫製の段階で傷が付いたのだと思います。このボタンは1,000円のオプションですし、傷があるとモンスターボール柄が台無しなのでこれは許容できませんでした。

なので販売元であるORIGINAL STITCHさんにメールでこのことを伝えたところ、無償で新品のボタンに交換していただけました。

ORIGINAL STITCHさんからはお詫びの手紙と余った生地で作られたであろうカメール柄のハンカチをいただきました。メールの返信も早く、対応も丁寧でとても助かりました。初期不良があってもしっかり対応してもらえるということで安心ですね。

広告

ポケモンシャツの購入方法、価格など

ポケモンシャツの購入方法ですが、ポケモンシャツ公式サイトから購入することができます。

シャツの他にもポロシャツ、エプロン、バンダナ、マスクも購入することができます。

ポケモンシャツは細かくデザインを設定することができるオーダーメイドです。なので自由自在にお気に入りのシャツを作ることができます。

公式サイトでイメージ画像を見ながらデザインをシミュレーションできます。

このイメージ画像は実際に手元に届くシャツとほとんど同一です。なのでイメージ画像と実物が異なっているということはあり得ないと思います。僕は想像以上にイメージ画像通りのシャツが着てちょっと驚いたくらいです。

ポケモンシャツの価格はオプションの数によって異なります。オプションを増やしていくと高くなります。最低価格は大人用シャツで11,000円(税込)からです。僕はいろいろデザインを変えたりしたので15,180円でした。

広告

ポケモンシャツはポケモン好きならオススメ

ポケモンシャツは、あなたがポケモン好きならオススメできます。

自分の好きなポケモンやパートナーだったポケモンを実際に身につけることができます。また店舗には売っておらず、デザイン次第では世界に1つだけのシャツになるので特別な感じがしますね。価格は安くありませんが、自分だけのオリジナルポケモンシャツが手に入ると思えば納得できる価格でしょう。

逆にポケモン好きでない場合は、よほど気に入ったデザインじゃない限り買うことは無いと思います。どのデザインも絶対ポケモンが含まれているので普段使いが難しいです。着こなすにはある程度の覚悟がいるでしょう。僕が選んだバクフーンは派手ながらも使い勝手の良さそうなデザインだったので普段も着れますが、とんでもなく派手なポケモンもいますのでデザイン選びは難しいかもしれません。

広告やこの記事を見てポケモンシャツが気になったのであれば、とりあえずデザインのシミュレーションをしてみてはいかがでしょうか。選べるポケモンも数百種類いますからシミュレーションだけでもけっこう楽しめます。今後も柄は追加されていくと思いますので自分の好きなポケモンが来るまで待つのもアリです。

ということでポケモンシャツの紹介でした。最後まで読んでいただきたいありがとうございました。

広告

ギャラリー

コメント

広告
タイトルとURLをコピーしました